ギネス公認巨大御朱印

箭弓稲荷神社御鎮座1,300年の奉祝行事の一環として、1,300年にあやかり1,300x1,300mm 重量420kg、高さ1,420mmからなる巨大御朱印を地元の商工関係者皆さんが製作しました。奉祝行事で見事、ユネスコ無計世界遺産に登録された「細川紙」へ押印し "最も大きな木製スタンプ" として初めてギネス世界記録に認定されました。

正方形の巨大御朱印は、箭弓稲荷神社で普段使われている実物の印面を忠実に再現。地元の呼びかけで、全国からの印鑑職人有志10数人が彫った御朱印です。ギネス認定は、実際に印が押せることがポイント。行事では御朱印をつり上げるのにクレーンを使用し県産和紙「細川紙」に押印。ギネス公式認定員が成功と認めました。