司馬温公の甕割り(しばおんこうかめわりのず)


温公は司馬光といい北宋の政治家です。
“資治通鑑”を書いた学者としても知られ
ています。
司馬光子供の頃、大きな水瓶に落ちた
友達を助けるため石で瓶を割りました。
大切な瓶を割ったので叱られることを
覚悟していましたが父親は温公を褒め、
改めて命の大切さを教えたと言います。
*北宋: 日本の平安時代